キャッシング審査が通らないとき

カードローンでお金を借りることに特に抵抗はありませでした。少しお金が足りないから、カードローンでお金を借りようかなぁくらいな感じの軽い気持ちでした。実際借りてみてもとても簡単なので、今でも借金をしている感覚は薄いです。因みにカードローンは最初に借入限度額を決めておいて、その限度額以内であればいつでもいくらでも自由にお金を借りられるというものです。何が便利って、何度も借りたり返したりできるって事ですよね。しかもカードローンはお金を受け取るのも返済をするのもコンビニのATMが利用できるので、仕事で日中銀行や専用のATMに行けない私にはとてもありがたいです。返済日をメールでお知らせしてくれるサービスもあってとても助かりますね。申し込みもとても簡単でした。カードローンの申し込みはインターネットでしましたから。申し込んですぐに仮審査の通過の連絡がありました。噂通りの早さでしたね。その後本審査に入るということで本人確認資料の提出を求められました。本人確認資料とは運転免許証やパスポート、保険証などの事でした。私はスマホのカメラ機能を使って運転免許証の写真を撮り、それをアプリから送信しただけでOKでした。あっという間に本審査も終わり無事にカードローンでお金を借りることができました。審査が早くてよかったんですけど、キャッシング審査が通らないときはどうしようかとどきどきしていましたが、結果的にキャッシングできたので、お金のピンチを乗り越えられたので助かりました。

夜の9:00とかにお金を融通すること

お金を借りていることに負い目を感じる人は多いようですが、果たしてお金を借りている事は恥ずかしいことなんでしょうか?住宅をローンで買う人は沢山います。でも誰も住宅ローンをしているからと言って負い目を感じたりはしませんよね。何千万円も借りているけれども負い目を感じている人は少ないと思います。車のローンも同じですね。それに買い物をクレジットカードですることにも負い目を感じる人は少ないと思います。まあ使いすぎを反省することはあるかもしれませんが。買い物をクレジットカードですることと、キャッシングをしたり、カードローンでお金を借りたりすることは、さほど変わらないことなのではないかな?と思っています。買い物の代金を立て替えてもらうか、買い物をするお金を借りているかの違いだけだと思います。ただ、クレジットカードで買い物をしても翌月一括払いの場合は手数料はかかってきませんが、キャッシングやカードローンは例え一日でも利息が発生します。ただそれだけの違いだと私は思っています。もちろん私はキャッシングもカードローンもどちらも利用しています。お金は上手に借りて楽しく使ってしっかり返済する、これでいいと思っています。しかも、急に現金が必要になるときと言うのは、たいてい銀行などの金融機関が開いていないときだったり、休日や週末、給料日前で口座のお金に余裕がないときに限ってお金がいるようになるんです。しかも、時間帯も遅い夜の9:00とかにお金を融通することはとても難しいので、そういう例えばキャッシングなら深夜でもお金の都合ができるので、見方次第では銀行よりも使い勝手がいい金融機関だといえると思います。